病院のご案内


沿 革

昭和 33年 5月  開設許可
昭和 33年 9月 開設(60床)
昭和 38年 5月 総合病院昇格
平成  8年 4月 併設老人保健施設なごみ開設(100床)
平成  9年 5月 ばんげ訪問看護ステーション開設
平成 12年 4月 坂下厚生総合病院 居宅介護支援事業所開設
平成 14年 4月 人工透析医療開設

病院の概要

 当院は、福島県会津盆地西部に位置する農村地域の中核病院として「安心と信頼を基本とした思いやりのある保健・医療・福祉の提供」を基本理念に施設の整備と診療体制の充実を図りながら、利用者のニーズに対応した医療のサービスと健康増進活動を推進すると共に、公的医療機関として地域医療の確保に努めております。
 当院の利用者は、ほとんどの方が車・バスを利用して来院しており、特にJR只見線沿いの利用者が多く受診しております。
 外来は高齢者の方が多いことから、内科・整形外科・眼科の患者さんが多く来院しております。
 その他、ばんげ訪問看護ステーション、併設介護老人保健施設なごみを開設しております。
 更に、地域住民の健診・人間ドック・衛生講話も実施しております。

 外来患者数  1日当たり 582人(平成20年度)
 病 床 数     177床


JA福島厚生連のページもご覧ください.