JA福島厚生連看護部


教育理念

JA福島厚生連の理念と看護部の理念を基盤とし、看護を必要とする人の意思決定を支援できる、看護師を育成致します。

教育目的・目標

専門職業人として常に学習し続け、主体的に看護実践ができる人材を育成する。
 1.看護実践能力を高め、看護の質の向上を図ることができる。
 2.医療チームの一員としての役割と責任を自覚し、連携と協働を図ることができる。
 3.看護実践に必要なマネジメント能力を培うことができる。
 4.日々の看護実践を研究的視点で捉えることができる。
 5.主体的に学ぶ自己教育力および他者を育てる教育力を身につけることができる。



<<前のページに戻る このページの先頭へ▲